日本のカジノに関する興味深い事実

日本のカジノに関する興味深い事実

日本という名前を聞いたときに覚えていることは何ですか?茶道、アニメ、武道、侍、寿司、精密、その他多数。なぜカジノではないのですか?私たちはそれを考慮する必要がありますか? 最近、日本はカジノを合法化し、過去何年にもわたって多くの形態のカジノギャンブルが合法でしたが、制限があったゲームはごくわずかでした。日本で役立つギャンブルの事実のいくつかを次に示します。 宝くじは合法です 日本ではカジノは禁止されていましたが、宝くじは合法でした。まだ多くの合法的なギャンブル活動がありますが、日本で最も人気のあるギャンブルの1つは宝くじです。大都市や多くの都道府県から年間を通じてさまざまな宝くじが提供されています。宝くじゲームには3つのタイプがあります。それらは、選択された番号の宝くじ、スクラッチカード、および一意の番号の宝くじです。チケットは500円から1億円まで。このゲームでは運が重要であり、日本人はこのゲームを楽しんでいます。 ギャンブルの歴史 日本には何世紀にもわたってギャンブルの歴史がありますが、18世紀近くに人々が禁止すごろくを楽しんだギャンブルを記録しました。これはダブルシックスと言い換えることができます。これは非常に中毒性があり、天武天皇を完全に狂わせるほど人気のあるゲームでした。彼の後継者である持統天皇は追加を見て、ゲームを禁止しました。戦いはすべて歴史を通して日本によって続けられました。博徒と呼ばれるプロのギャンブラーでさえ、ギャンブル活動を取り巻く暴力が増加した主な理由でした。日本は、私たちがすべてを考慮した場合、その日に行われた決定のために、ほとんどのギャンブル活動を非合法化しました。 パチンコは新しいカジノです。 ギャンブルは合法でした。つまり、宝くじ以外はパチンコだけが合法でした。パチンコは日本全国でプレイされるスロットタイプのゲームであり、許可されている唯一のカジノ形式です。独特で奇妙に聞こえるかもしれませんが、日本で最も人気のあるカジノゲームである日本人に尋ねると、彼らはパチンコと言うことになります。毎日何百万人もの人々がパチンコを遊んで楽しんでいます。そのため、パチンコ店は全国で見られます。それはピンボールとスロットの混合物として簡単に説明することができます。それは何十年もの間日本のギャンブルの伝統の一部であり、それが刑法に含まれていなかった理由です。 日本の陸上カジノの計画 日本はギャンブル活動を合法化することでカジノ法を変更しました。日本の当局は、ラスベガスやマカオに似た3つの統合型リゾートの建設を含むプロジェクトに最善を尽くしています。リゾートには、飲食店、ホテル、カジノ など、訪問者のためのすべての設備が整っています。このアイデアを計画どおりに実装するには、まだ多くの作業が必要です。
クラップの歴史

クラップの歴史

クラップスはサイコロで遊ぶゲームです。プレイヤーは、サイコロを振った結果に賭ける必要があります。それは、単一の発言ロールまたは一連のロールである可能性があります。セブンイレブンとも呼ばれます。 プレーヤーがお金の形で賭けをするとき、それはストリートクラップスまたはカジノクラップスやテーブルクラップスとしても知られている銀行として知られています。カジノのような専門店で行われるクラップスには、そのための特別な道具があります。 伝説によると、ローマの兵士は豚のナックルボーンをサイコロとして使って時間を過ごすためにこのゲームを作りました。彼らの盾はテーブルとして機能しました。民間伝承のいくつかの物語は、ゲームがアルダーと呼ばれるアラビア語の言葉から始まったと信じています。それは大まかにアラビア語でサイコロに変換されます。貿易に関わっている何人かの人々はそれをヨーロッパに運んだかもしれません。 ゲームの出所の背後には広く受け入れられている話があります。それによると、ウィリアムタイヤ卿は1125年頃にゲームを発明したと考えられています。これは十字軍の時代であり、彼はゲームのアサルトまたはハザースにちなんで城に名前を付けました。これは後にハザードと呼ばれる別のサイコロゲームになりました。 しばらくして、英語のゲームHazardはフランスで非常に人気がありました。すべてのフランスの居酒屋には、17世紀にさらに多くの危険を叫ぶプレーヤーがいました。このゲームは、文字通り路上でプレイできるため、非常に有名になりました。必要なのはサイコロとテーブルのペアだけでした。同時に、ゲーム「Carpaud」のフランス語名が有名になり、後に英語でクラップスとして採用されました。 「carpaud」という用語は、英語でヒキガエルを意味します。しゃがんだ歩道で遊んだ人がヒキガエルのように見えたので、そう呼ばれました。 ゲームのアメリカ版は、バーナード・ザビエル・フィリップ・ド・マリニー・ド・マンデビルによってもたらされたニューオーリンズに最初に到着しました。彼は植民地時代のルイジアナ地主から彼の富を相続した裕福な政治家でした。 それはハザードから取られました。バーナードは実際にゲームを微調整して、メイン番号が5であるハザードとは対照的に、メイン番号として7を識別しました。彼はまた、ゲームを人々に紹介するための勝利として、ニューオーリンズのストリートをRue DeCrapsと名付けました。 「賭けに合格する」オプションにより、人々は19世紀までカジノを利用することができました。製造業者のジョンH.ウィンは、ゲームに「パスしない」機能を導入することで欠陥を修正したと言います。 新しいバージョンは、カジノとプレーヤーの両方に受け入れられました。フランス領ルイジアナのアルカディア植民地やミシシッピ川に浮かぶギャンブルボートで人気を博しました。このゲームは、1930年代にラスベガスがギャンブルのハブになったときに、ダイスゲーム愛好家の間で人気のあるゲームの1つになりました。