高校生

高校生の頃、両親に隠れて歯ごたえがあり、彼女に隠れて歯ごたえがあり、止まらない自慰行為をしていた。実際、この快楽行為には死の危険があります。 「オナニー死」という未知の現実を探りました。

親戚がマスターベーションで亡くなると、家族は証拠を隠すことがあります。

あなたが男性なら、誰もが少なくとも一度はオナニーを経験しているはずです。中学生の頃、悪友と「昨夜5回やった」とバカバカしく話していたのですが、先生と両親が「オナニーしすぎると体調が悪くなる」と言って覚えていません。それを心配しています。実際、あなたがそれをやり過ぎて病気になっているという科学的証拠はありませんが、それはあなたがそれについて心配するべきではないという意味ではありません。実際、マスターベーションは死のリスクを伴い、男性は女性よりも死亡する可能性が高くなります。エロ雑誌やティッシュで見られて一人の終わりに達する「オナニー死」とは?

ほとんどの男性は30代と40代であり、
女性は50代と60代です。
今回は、30年間検死官として2万人の遺体と接触してきたベストセラー本「The Corpse Talks」(文藝春秋)の著者である上野正彦を訪ねました。 1976年、上野氏が論文「性交死(腹死)の実情」でそれまで話題にならなかったオナニー死を発表するとすぐに、日本だけでなく学者からも問い合わせが殺到した。世界中。 ..しかし、そのような反応にもかかわらず、上野氏はその時から現在まで法医学の観点からマスターベーション死に取り組んできた唯一の学者であり、本格的な研究はまだ行われていないと言われています。

ヨリモ!上野先生、オナニー死について教えてください!

「それに、面接?私は死体の専門家を何人も剖検してきた専門家ですが、オナニー死の専門家というわけではありません。それでも、この面接のようにナアが来るのは大変です(笑)」
しかし、これはCyzoの読者にとって重要な問題です、いや、人類にとっては!!! (呼吸)
「(少しうんざりした顔をした)マスターベーション死は、マスターベーション中に発生するまれな突然死であり、その確率は腹部死よりも少ないです。男性は30代と40代で、女性は50代と60代でより一般的です。」

そもそも、胃の死とオナニーの死は死因(病気・けが)ではなく、「病状」という言葉です。あなたが死んだ場合、あなたは病気または疑わしい死として扱われ、死亡診断書には「死因/心不全」または「死因/くも膜下出血」が記載されています。そのため、自慰行為で亡くなったとしても、「死因によってはケースバイケースですが、基本的には保険金が支払われます」(元生命保険会社員)とのこと。
上野氏は、東京23区だけで検死官時代に見た自慰死や変死体は20〜30例、全国で200〜300例と推定している。

「これは約15年前の数字ですが、それほど状況は変わっていないと思います。しかし、死体として扱われなかったり、病気の死として扱われたりする場合もあるので、実際の状況はあります。これ以上になりなさい。」
その理由の一つは、一人暮らしの場合、現場を見れば自慰行為で亡くなったと簡単に判断できるが、家族と一緒に住んでいる場合は警察が現場に来る前に。さらに、それを発見した家族は、その痕跡を恥から隠すかもしれません。ただし、「不審死の発生は担当警察署への提出(不審死亡の報告)が義務付けられており、検死官は警察官の立会いのもとで検死(企業検死計画)を行います。原因は死は「(「性交(腹部死)の実情」から」)調査されるので、後で発見されることが多い。 「ほとけさんのズボンが裏返しになったり、ペニスの先がティッシュで覆われたりするなど、不自然な点もあるのでわかります。」

では、どのような人がオナニーで亡くなるのでしょうか?上記の論文「性交(腹部死)の実際の状態」では、「誰もが性交(腹部死、マスターベーション死)(動脈)で死ぬわけではありません。最大の原因は、潜在的な基礎疾患を持つ人々がいるという事実にあります(硬化症や心臓肥大など)はそれらに気づかず、健康な人として日常生活を送っています。」
「男性の場合、射精時に激しい運動時と同じ心肺機能への負担がかかるため、通常は元気でも自慰中に急死する人もいます。自慰死を防ぐために、
忍び寄る。自分の病気を早期に認識し、定期的な健康管理に注意することが重要です。 「」
ちなみに「死にながら死ぬ」のは辛いのか、それとも快楽なのか。
「ええと……まあ

? わかりません。 うーん(苦笑)。 それは他の死と同じです。 でもごめんなさい。 とにかく死ぬなら、もっと普通の病気で死ぬべきです。 しかし、まあ、研究者はしばしば研究対象と同じように死にます。 私もオナニーで死ぬと言っているからです。 あはははは! 「」